プロフィール

コーチングは信頼と相性が大切です。私という人間をもう少し深く紹介させてくださいね。

tDSC00284私のユニークな部分
  1.   人生の半分を日本で暮らし、もう半分をアメリカ(ウエストバージニア、バージニア、マサチューセッツ、インデイアナ、ハワイ)で過ごしてきました。イギリス、アメリカ、日本企業での勤務の経験があります。
  2.   ホテルのトレーニング・マネージャーとして16年勤務。ビジネスの世界に関しよく理解しています。
  3.   人事部のマネージャーとしても働きました。職務の向こうにあるそれぞれの人生やご家族の顔を思い浮かべて、従業員の方々と接してきました。
  4.         現役の教師でもあります。人は「成長したいという願い」と「学ぶ喜び」を強く持っている存在だと感じます。
  5.   心理学を大学院で勉強しました。人間の素晴らしい可能性についてよく理解しています。
  6.   今までに多くの夢を実現してきました。現在はソールメイトのダンと結婚して、19歳の頃からの夢であったハワイに住Dan and Kaimoe-136んでいます。
  7.   いまだに自分を変えられないところもありますが、それが自分の個性だと受け入れることによって変化が訪れました。私の話す英語にはまだ多少日本語のアクセントがありますが、私のコーチングやトレーニングは(きっとそれだからこそ)好評です。又、小さい頃から小柄で149センチしかありませんが、とてもパワフルです。
  8.   今までに体験したいろいろな文化をコーチングに取り入れ、クライアントさんの視野や選択肢を広げていくのに役立てています。

私の履歴書です。兼田かよみ履歴書


どうしてコーチングなのか

「あなた本当に変わったね〜。」私を以前から知っている友人がしみじみと言います。彼女を含めた多くの方々にお世話になり、本当に長い間かかって自分を変えてきました。だからこそ今、人生を変えたいと願う方達のお手伝いができるのだと思います。

私が変わった一番の理由は、変わらざるをえない状況にあったからです。22歳で渡米した私は、英語も話せず、知り合いもおらず、自分に全く自信のない若い日本女性。自分らしい人生を送りたいという願望だけがありました。

私がいたころの日本は、今よりもずっと女性が自分らしい道を生きられない環境でした。女性である私が、精神的にも経済的にも自立して生きるには、英語を学ぶことが一番だと思ったのです。もっと早くそう思えばよかったのですが、実際に社会にでるまでそんなことは考えたこともなかったので、結局、TOEFL320点という全く英語ができない状態での渡米になりました。アメリカで生きていくためには、自分自身が変わらなければどうしようもなかったのです。

私が学ばなければならなかったのは、英語だけではありませんでした。自己変革です。全てを調整することが必要でした。考え方、価値観、自分をどう表現するか、自分や他人、この世界をどう観るのか。私にとってのアメリカ生活はバラ色ではなく、苦労のほうが多かったのですが、一歩一歩進むごとに自分に自信を持ち、精神的にも経済的にも自立できるようになりました。自分にパワーをつける自己改革の旅でした。

e84f52085fce7e5b3efaa02f733ce8d7自信をつけるには、自信があるように振る舞えとよくいいます。でもそうではないのです。本当の自信は「本来の自分」(自分らしさ)につながることによってつきます私は自分の長所や短所をよく知り、どんな自分も受け入れて、それを私にしかないユニークなキャラクターだととらえています。そして自分が自然に力を発揮できる環境をあえて選んで生きることにしました。それが自分のためでも、周りの人のためにも一番良いのだとわかるまでに、長い時間がかかりました。

時には社会や他人の価値観や評価にゆさぶられ、苦しむこともあります。でも「本来の自分」につながり「自分らしさ」に戻れるコツを知っているので、私は大丈夫です。自信とはまさにその漢字のごとく、自分を信ずることなのです。

「本来の自分」につながっていると、人は安心して気分が良く、物事がおどろくほどスムースに運び、目標を達成したり数々の成功を味わいます。そして家族や周りの人たち、仕事、全ての面に良い影響がでてくるのです。もしあなたもそんな人生を求めていらっしゃるのなら、お手伝いさせて頂きたいと思います。


コーチングはこのように役立ちます
人生にはつらい時もあります。以前はひとりでもがきながら、長い間同じ所をぐるぐるまわっているような状態が多かったものです。

650bb4a844eace7cb6670534e3a138f4そんな私に友人がコーチングを紹介してくれました。10年前のことです。そこで自分だけでもがくより、もっと建設的な解決法があることを学びました。親身になってくれるコーチと一緒に、つまずいていたブロックを短時間で取り除いた瞬間、自分の中の選択肢がひろがりました。私に必要だった勇気とサポートもコーチから受けました。以来、仕事や人生の転換期、人間関係、金銭面、健康面、人生の目的などで迷った時、私はコーチングを利用し役立ててきました。

ライフコーチになった今でも、私は自分のコーチに相談します。人生の多くの事柄は自分の力で解決できますが、コーチと一緒にたちむかったほうが効果的な場合もあるのです。人生は貴重ですから時間を有効に使いたいと思います。私は自分ひとりでつまずいているよりも、コーチの応援を得て前進することを選びます。コーチングを受けると望む場所により早く到着することができるからです。